最近のトラックバック

パソコン

SONY NW-E405

昨晩カミさんが、やおら私にメモリーオーディオプレイヤーのカタログを差し出しました。

どうやら、カミさんも携帯型オーディオプレイヤーの購入を検討しているようでございます。

最近私は、ソニーから発売された「スリムでクリアなボディに3行有機ELディスプレイ、FMチューナー搭載。1GB内蔵メモリーに音楽を記録できるハイスペックモデル」NW-E507 iconがちょっと気になっておりました。

もちろん私はiPodを愛用しておりますので、(今は修理中だけど)新たに所望はいたしません。きっと。

でも、なんとなく美しいのでございます。

↓こんな感じなのね。

iconicon

ケースと液晶とが上手く融合しているというか、さすがソニーだなぁ、と思っていたのでございます。

そして、今朝方、駅まで一緒に歩いている最中、彼女は、「今日購入する。」と断言いたしました。

おぉ、すごい決断力だ。

と内心思ったのでございます。

一方すごい経済力だとも、ちょっと思いますた。

で、仕事帰りに待ち合わせしまして、二人で量販店に足を運んだのです。

いゃあ、メモリーオーディオプレイヤーなるもの、もの凄くたくさん発売されております。

全くなにを選んだらいいか、さっぱり分かりません。

売れ筋商品は、1.首から下げられる。 2.見た目がかわいい 3.様々な圧縮形式の音楽ファイルが再生できる。 という基準で好まれているようです。

私としては、1.USBに本体がそのまま突っ込める。 2.PCの外部メモリーとしても活用できる。 3.クレードルが使える 4.様々な圧縮形式の音楽ファイルが再生できる。 5.首から下げられる。 5.見た目がよい という順で選びたいと思いましたが、買うのは私ではございません。

でも、↑これって、はっきり言って、iPod shuffleです。(^^ゞ

何軒かお店を回っている間に、彼女の意見は、ソニーか、iPod shuffleに絞られてまいりました。

最初彼女は、ラジオも聞けるソニーのNW-E505 icon(メモリーが512MBのものです)を考えていたようです。しかし、お店の人の話では、電車の中などでは雑音が多くてあまりラジオとしては機能しない。という話を聞き、ラジオはいらないと考えたようでした。

いや、あくまでもお店の人の話です。

そこで、いよいよ、ソニーを買うなら、メモリーサイズが512MBのNW-E405 iconに的が絞られ、あとは、iPod shuffleにするかどうかという、選択になってきたのでございます。

iPodならクレードルがオプションですがあります。外部メモリーとしても活用可能なのであります。

しかもとっても軽いし、シンプルだし。

しかし、いかせん、シンプルこの上ないデザインなので、液晶ディスプレイも無く、今現在何という曲を聞いているのか曲名がちと分からない。という欠点もございます。

それが良さともいえますが。

それと、どうでもいいのですが、最近やたらと白いイヤホンをした方が見受けられ、「あぁ、あの人もiPod愛用者なのかぁ」と思うことが、多いのでございます。(^^ゞ

後は音です。

実は私、iTunesでMP3化した音源の中には、若干音割れが生じるのではないかと最近疑っております。

だって、悲しいことに愛用のiPodで聴いていると、時々音が割れるんです。

後は、充電の問題でした。iPod shuffleはオプションで電源を買えば、コンセントから直接充電可能です。しかし、ソニーさんの方は、パソコンがないと充電できません。

うぅむ、難問ですよ。奥さん。

しかし、ついに決断が下され、晴れてカミさんの手元にはNW-E405 iconがやってくることになったのでございます。

うぅむ、iPod shuffleも捨てがたかったのですが、しかたありません。私のじゃないんだから。

そして、↓これです。

0505250

ついでに、首から下げられるように、ソニーの

密閉型インナーイヤーレシーバー  iconも購入しました。

いや、しかしなんと言ってもソニーさん、きれいです。はっきり言って。

0505251

液晶表示も豊かでございます。

カミさんには申し訳ございませんが、早速試聴させてもらいました。

で、私のインプレッションでございます。

絶対にありえませんが、ソニーの方がお読みでしたら、是非参考にしてくださいませ。

まず、デザインが最高でございます。

有機液晶と本体カバーがうまく融合して、まるで文字がカバー内部に溶け込んでいるようで且つとても鮮明に読めます。

首から提げている時に時計表示にすれば、ネックレス型時計にもなります。

操作性もまずまずでございます。

音は音源次第だと思うのですが、結構いい感じです。

ネックレス型のインナーイヤーレシーバーをして、音量を上げると、完全に外界から遮断されてしまいました。

そして、なにより使用時間が長いのがすばらしい。まだ試してはいませんが、カタログでもなんと40時間連続再生可能だそうです。

で、ここから要望でございます。

出来れば、クレードルもつけて欲しかったです。充電するときや音源を落とし込む時に長いUSBコードをつけなければいけないのは、ちょっと不便なんだな。

なんだったら、コード部分をなくした、直結型USBコネクター(オプション)なんて発売してもいいかもしれません。

後は、充電対策もパソコンなしでも出来るようになるといいです。

それから、・・・・

あれ、もうないか。

いや、結構よく出来ています。

うぅむ、ちょっといいなぁ。時々貸してもらおうかしらん。

それより、早くiPod修理から戻ってこないかしらん。

ウィルスとの戦い

先週私はこのブログでとある曲を紹介したいと思い、インターネットの世界に埋没しておりました。

その曲とは、「Because of you」という曲で、Keith Martinという方が歌っております。
この曲と出会ったのは、先日の出張先のフィリピンでした。
フィリピンの生バンドが気持ちよく歌ってくれたのでした。

Because of youはどうやらいろいろな方が歌っているようで、原曲は誰の歌なんだらうとさらにインターネットの世界に迷い込んで行ったのでございます。

あの、amazonでは時々CDの試聴が出来るので、この曲も出来ると思いきや、探し当てたいくつかのアルバムでもなぜかこの曲だけが試聴出来ませんでした。

しかし、なんとしてでも探してみせるぅ!
と思ったのが間違いの始まりでした。

続きを読む "ウィルスとの戦い" »

VAIO Type X

SONYから発売されるVAIO type X

なんだかとてもすごいでつ。
6つのチャンネルを持ち、過去1週間分のテレビ番組を録画しておいてくれるのです。名づけて「タイムマシン機能」。
そして家中のテレビでこれを再生できるのです。

これからは、今までのようにビデオに録画ではなく、サーバーに撮りだめしておくのが主流になっていくんでしょうか。
もうパソコンの域を超えています。さすがに先行く感じです。

ソニースタイルでは、これも自分仕様にアレンジできます。
それで、価格は、353,800円からですが、コテコテにすると、1,131,400円になります。
う~ん、気になるけど、どうにもならん。




インターネットは知識の泉

おととい、Access本で、かなり解決をみたデータベースですが、またまた難題にぶつかってしまいました。

クエリで作成したクロス集計の抽出条件に、別のフォームからの値を持って来ようと、画策していました。

それで、ちゃんとVBAも書けているはずなのに、

「'[Forms]![選択]![日付]'を有効なフィールド名、または式として認識できません。」と表示されてしまうんです。

何故? 選択クエリならちゃんと動作するのに!

そこで、時々助けてもらう「答えてネット」に行ってみました。
ここはマイクロソフトが運営するパソコンに関するコミュニティサイトです。
自分がパソコンやソフトのことで、分からないことがあったら、過去の質問から解決法を見つけることが出来ます。
また、過去に質問がなさそうなら、このサイトに質問を書き込むと、より詳しい人が助けてくれます。
支えあいサイトなんです。

そこで、私は過去の質問から、検索してみました。
しかし、全く同じ質問にたどり着けなく、似たような質問も違うような感じでした。

で、あきらめかけたとき、どなたかの回答に、ここを見たらどうですか。という書き込みがありました。

なになに。アクセスクラブ?

なんでしょう? さっそくリンク先へ行ってみました。

すると、なんとそこには、

当サイトは、データベースAccessに関する情報の提供と考え方、及び Access Forum 、Access Tips を収載しています。Microsoft Access に取り組み始めた初心者の方、スランプに陥っている方、当サイトがお手伝いしましょう。

とあるではないですか。

すばらしい! 目からうろこだぁ。

しかも、

当ページはリンクフリーです。トップページに拘わらずご自由にリンクして下さい。 *なお、当管理人は、Microsoft社とは何ら関係はございません。( ̄-  ̄ ) ンー

とまであります。善意のかたまりだぁ。

ありがたや。

さっそく、見ていくことにしました。
すると、ありました。
あぁ、ある、ここに答えが。

クロス集計クエリーのWhere条件抽出
まさにこれだぁ。 求めていたのは。

どうやら、クロス集計クエリの時は、選択クエリの時とちがって、パラメータを認識しないようです。
そこで、前もってパラメータを指示しておかなければならないとのこと。

なんと、あっちゅう間に解決です。

すごい。
インターネットは知識の泉だぁ。


Access本

今日は早く寝ようと思ったけど、どうしてもやらなくてはいけない、アクセスのいじりがあったので、すっかり遅くなってしまいました。

で、今日はこの本に救われました。


cover

Access2002 VBA 実践プログラミングリファレンスです。

フォーム、レポート、DoCmd、SQL、などなど各項目毎簡単な事例とともにコマンドなどが記載されているんです。
それで、該当しそうなものを索引や目次から探し、組み合わせていくと、あーら不思議問題解決です。
若干、自分なりの工夫も必要ですが、なかなかよいです。

いろいろなアクセス本がありますが、リファレンスとしてはとてもいいと思いました。

以下自分用の備忘です。

検索ボタン
検索フォームのIDからフォームABCの該当IDを表示

Private Sub 検索_Click()

If ID = 0 Then
MsgBox "IDが空白です。 指定しなおしてください。"
GoTo line1
End If

If CurrentProject.AllForms!フォームABC.IsLoaded Then
DoCmd.Close acForm, "フォームABC", acSaveYes
End If

DoCmd.OpenForm "フォームABC", , , , , , ID
DoCmd.MoveSize 1, 1

line1:

End Sub


フォームABC 側
Private Sub Form_Open(Cancel As Integer)
If Not IsNull(Me.OpenArgs) Then
DoCmd.GoToControl "ID"
DoCmd.FindRecord Me.OpenArgs
End If
End Sub

以上

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索



  • チャイディーな世界
    Web

  • www.flickr.com
    chai-dii's items Go to chai-dii's photostream

チャイディーな世界

無料ブログはココログ