最近のトラックバック

アジア

Ko Lipe リペ島に行ってきました! その4

すっかり記事が長くなってしまいました。

たしかNok Airのホームページにはフェリーと書いてありましたが、どちかというと船はスピードボートといった感じです。
Nok Air色に塗ってありました。

2016010510

船の中の様子です。
わたくし、一人だったので、席があればどこでも座れます。
でも大人数で来ている人は席の確保が大変そうでした。
わたくし、日本を出るときちょっと風邪気味で、とにかく睡眠を必要としていました。
なので、船の中をあまり探検していません。
どうやら屋根にも座ることができるようでしたが、途中雨が降ってきたらしく、ぞろぞろと船内に人が増えてきました。

そういえば、客が船に入るとすぐ、さきほど船着き場で屋台を出していたモスリムのお姉さん達が、さまざまな品物を持って移動販売を行っていました。
商品は結構飛ぶように売れていました。

船はそろそろとスタートし、次第に速度を上げていきます。
船酔いしちゃうかなと思いましたが、意外と穏やかに進んでくれました。
でも、雨が降ったせいか、はたまたエアコンの効きがよくないのか、船内は猛烈な湿気と暑さでした。
とにかく睡眠、睡眠と思って頑張って寝ましたが、さすがにきつかったです。

船の速度が落ちてくると、乗客もだんだんと浮き足立ってきます。
どうやらリペ島が近づいてきたようです。
13時発で到着が15時なので、約2時間乗っていたことになります。

さぁ、またまたこれからが問題です。
船はどこに着くのか。そして宿はどこにあるのか?

船はリペ島の南側、パタヤ・ビーチと呼ばれる海岸の沖に置いてある「はしけ」に到着しました。

2016010516

「はしけ」の全体像です。逆光なので、よくわかりませんが、海はすこぶるキレイであります。

2016010517

そして、はしけに降ろされ、とまどう観光客たち。
もちろん、わたくしもこの一員です。

2時間座って船に揺られ、わたくしは寝起きなので、ちょっとボーっとしていましたが、行動しないと先に進めません。
しばらく様子を見ていると、入島税のようなものを支払って、おのおの小さなボートに乗り換えるようです。
ボートも行先のビーチごとに分かれているようであります。

入島税は、外国人の大人一人200B。
タイ人は50B。
以前、タオ島に行った時、黙っていたらタイ人料金になったことがあったので、今回もそうなるかなと思いましたが、無理でした。
小さなボートは一人50Bでした。
Nok Airさん、どうせなら入島税もボートも代もすべて料金に含めていただけると嬉しいなぁ。
つづく

Ko Lipe リペ島に行ってきました! その3

さてさて、トラン空港に約3時間待たされることになったのでありますが、幸い空港にはWi-Fiがありました。

しかも、Nok Airのお客様用に解放しているのであります。パスワードが必要になりますが、Booking Numberを入力すればつながります。
Nok Airとしてもこれでインターネットにつないでもらってチェックインしてもらう戦法のようです。合理的。

2016010512

そうそう、↑これはドムアンでチェック済みのバッグに貼られるセキュリティチェックのシールです。
懐かしいですねー。これ、カバンに箔がつくと思ってほおっておくと、後でベトベトになっちゃうんですよね。潔くすぐにはがすのをお勧めします。

2016010514

2016010513

トラン空港の外観と青い空でございます。気持ちいい。

そういえば、リペ島はアンダマン海に位置しているので、11月から4月までしか行くことができないそうです。そのほかのシーズンはモンスーンの影響があり船が出ないそうです。
そのせいか、宿が通常よりちょっと高めの値段設定なんですね。

家に帰ってから、リペ島のことがガイドブックに書かれていないか探してみましたが、あの歩き方にも載っていませんでした。
唯一記載があったのが、ロンリープラネットのタイの島とビーチ でした。

5~10月の間はリーペ島のすべてのリゾートが閉鎖され、船も運航を止める。

とあります。
そして、この本にあった気になる記事は、

タルタオ島の西約40kmの国立公園の保護の外にリーペ島はあり、その結果開発が急速に進んでいる。今のところランター島やピーピー島の規模には達していないが、この先数年に、リーペ島が待ち受ける運命を知るのに水晶玉で占う必要はないだろう。開発が進んでいるのは、パタヤ・ビーチと東海岸のチャオレー族の村である。

という記事です。
この本は2004年発行なので、すでに10年の月日が流れております。
確かに開発は進んでいました。
でも、チャオレー族の村があると書いてあるので、モンスーンの時期もきっと人は暮らしているのでしょう。
チャオレー族に会いたかったです。

続きを読む "Ko Lipe リペ島に行ってきました! その3" »

Ko Lipe リペ島に行ってきました! その2

さて、バンコクについて翌日、いよいよリペ島へ出発です。
朝7時の便なので、6時には空港にいたいなと思い、万が一の渋滞を考慮して5時すぎにホテルを出発。

ファッポンユーティン通りまで歩いてタクシーを拾いました。
土曜日だったので、あっさり空港に到着です。
Nok Airはドムアン空港を中心に稼働しているようで、久しぶりのドムアンです。
朝も早いし、ドムアンだし、ガラガラかと思いきやものすごい活気です。
LCC盛況です。

Nok AirはiPhoneからチェックインできました。さすが!
しかも、iPhoneのWalletにも対応しています。すごい!

2016010504

ドムアンからリペ島までの道のりは、まず、トランまで飛びます。
次にバンに乗って、1時間ほどかけて港まで行きます。
そして、スピードボートに乗り換えます。

トランまでの空路は1時間20分。
少しお金を払うと前の座席を指定できたので、ちょっと贅沢して前の座席を確保しました。
朝早いし、有料の席なので、となりもいなくてゆったり座れました。

2016010505

機内で配られた軽食。
文字通りの軽食でした。コーヒーは無料。
なぜかコーラは有料の50B。

2016010506

ガラガラの機内。

2016010507

トランの空港。そして、乗ってきたNok Air。

2016010508

飛行機から徒歩でターミナルへ移動です。

さぁ、これからが問題です。
バンへの乗り継ぎはどうするのか!

安心してください。ちゃんとカウンターがありますよ。

2016010511

どうやら、Air Asiaも同じようなパッケージを販売しているようで、両方受け付けているようです。
しかし、私はここで約3時間近く待たなければなりません。
カウンターのお姉さんの話だと、2階にレストランもあるわよ。
とのことなので、しばし自由時間を楽しむことにしました。

つづく

Ko Lipe リペ島に行ってきました! その1

2016年になりました!
もうずいぶんと長い間ブログから離れていました。久しぶりにブログ更新サイトにいったらいろいろとツールも増えていました。
今年はちょっとずつ更新しようかな。もはや誰も訪れる人もいないけど・・・。

さて、昨年11月に久しぶりにタイに行ってきました。
タイ航空のマイレージがたまり、無料チケットをゲットできたので、何も考えずとりあえずバンコク往復だけ発券。
発券したものの、どこに行こうかまったくノープランでした。

どうせ行くなら、いままで行ったことのない、どこか遠くへ行こう!
できれば海に行こう!

といろいろと調べてみると、「タイ最後の秘境」と言われる「リペ島」という名前に惹かれました。
ピーピーやチャーンなどなどいろいろな島がありますが、リペ島は今まで聞いたことがありません。
でも、今までさまざまな方が訪れているようです。
ならば、わたしも行ってみよう!
調べてみると、リペ島にはバンコクからよりもマレーシアから行った方がよいみたいです。
でも、バンコクまでチケットあるし、いまさら変更もできないので、なんとかトライすることにしました。
さらに調べると、Nok Airがリペ島までの道のりをパックにしたフライトを用意しているようです。
これなら乗り継ぎもアレンジ済みだし、楽にいけると思い、さっそく予約。
でも、朝7時に出て、午後3時着ですよ!
10時発のフライトもありました。今思うと10時のフライトでもよかったです。

リペ島への旅の記録ですが、久しぶりのタイなので、バンコクからお話をはじめます。
バンコクの空港につくと、なんとスワンナプーン空港のタクシー乗り場が自動受付になっていました!

Bangkok_taxi

今までは、カウンターにいるお姉さんに行先を告げていたのですが、運転手さんと直接交渉ですよ。
そしてやはりメーターは使ってくれませんでした。まぁ、いいか。

一人だったので夕食は屋台です。

2016010501

汁なし麺。指さしで注文したので、名前がわからず。
でも最高にうまかったです。
これだけでは足りず、↓これも別の店で注文。

2016010502

これもうまかった!

続きを読む "Ko Lipe リペ島に行ってきました! その1" »

TuneIn Radioの実力

もうずいぶん前のことです。私はどうしてもiPodでインターネットラジオを聞きたくて仕方ありませんでした。

そこで、かなり試行錯誤した挙句、ようやく通勤時間中にインターネットラジオを聴くことができるようになったのでございますっ!
詳細はこちら

しかし、それはあくまでも録音なのでございます。
しかも、外出中や睡眠中に録音していたので、実際にその録音を聴いてみるまで、ちゃんと録音されているかどうか確認することができませんでした。

寝ている間に録音して、朝の忙しい時間にMP3に変換し、iPodに転送して電車の中で聞いてみると、何も録音されていない・・・なんてことはよくあったのでございます。

あれから月日が流れ・・・
わたくしもiPhoneをゲットいたしました。
いくつかの楽しいアプリを体験していましたが、先日、発見したのですっ!

このアプリですっ!

TuneIn Radio Pro - Synsion Radio Technologies

いまなら85円です!

さらに無料もありますよ!TuneIn Radio - Synsion Radio Technologies

このアプリとiPhoneがあれば、どこでもいつでもインターネットラジオを聴くことが出来るのです!
さっそくタイのラジオを聴こうと思いました。
どうしたらいいかな・・・と思っていると、すぐにわかりましたよ!

プラウズという中に、言語別というカテゴリーがあります。
そしてタイ語を探し出し、さらにトップ40/Popを選択すると・・・

1108210

こんなにたくさん!

懐かしいGreen Waveもあります。

1108211

なんと録音ボタンもついていますよ!

このアプリ、3G回線でも聴くことができます。
つまり、本当に歩きながら、電車の中でもどこででもタイ語のラジオが、いえ、世界中のラジオを聴くことができるのですっ!

もう涙ものです。
ちゃんと午前10時(タイ時間午前8時)には、国歌も流れました。
リアルタイムですよ(涙)!

すごいなぁ。本当に便利な世の中になりました。
3G回線を占有してしまうのは、ちょっと忍びないので、リアルタイムで聞く必要のないときは、Wi-Fiで録音しようと思います。

さらにこのアプリ、録音タイマーもあるのですよ!!!

至れり尽くせり。
開発者に私は盛大な拍手を贈りたいです。

歩くバンコク 2011-2012

もう2年くらい行っていないバンコクですが、私はどうしても毎年これを買ってしまいます。

↓これです。

歩くバンコク2011~2012 歩くバンコク2011~2012
DACO 下川 裕治

キョーハンブックス  2011-08-04
売り上げランキング : 570

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この歩くバンコク、本当によく編集されています。

先月まで営業していたお店がもう違う店に代わっているなんてことのよくあるバンコクの街並みを隅々まで丁寧に取材しています。

私が参考にするのは、お店のローカル度。

ローカル度が高いほど、ローカルタイ人に愛されているということ。

そんなお店にはぜひ行きたいです。

大好きだったマイハウスホテルも今はもうなく、しばらく行っていないタイですが、そろそろこの本片手に行きたいなぁ(^^ゞ

A380

名古屋から帰ってきて、すぐに海外でちょっと疲れ気味でございます。

ところで、今回の出張は、なんとあのエアバスA380に乗ったのでございます。

08073101

↑これではありません。

本当はこれに乗ってバンコクへ行きたかった・・・

A380は総2階建てなのでございます。800人以上の乗客を乗せることができるそうですが、シンガポール航空ではゆったりした空間を作るため471席にしているそうです。

↓こんな感じです。

08073102

ゲート前にあった座席表です。

ちょっと分かりにくいですが、メインデッキ(1階)前方はファーストクラスを超えたと言われる、スイートクラスでございます。

アッパーデッキ(2階)の半分以上はビジネスクラスでございます。

この飛行機に合わせて、どうやら空港もちょっと改造したようで、ゲートから機内に乗り込む途中からアッパーデッキとメインデッキで通路が別れます。

08073103

私今回はアッパーデッキに座ったので、直接2階席から乗り込みました。

で、これがビジネスクラスですよっ!

エコノミー2席分を占有していますよっ!

08073104

どうですか?広いですか?

家族旅行の一家が座っていましたが、小さい女の子にはとても大きなイスでございました。(^^ゞ

08073105

で、これがわれらのエコノミー席です。メインデッキ風景ですね。

しかし、エコノミーだと侮ってはいけません。

08073106

もうシンガポール航空ですから、なんだってありますよ。

プライベートスクリーンはもちろん、右側にあるのは、USB端子、ビデオ画像端子、LAN端子まであります。

LANがあるということはインターネットができるのでしょうか?

パソコンを持ち込まなかったので、実験できませんでした。

でも、USBは差し込んでみました。USBの中の写真データを見たり、ワープロで文書を作ることもできます!

08073113

これを駆使して、遊びます。 使いこなします。

08073112

裏はこんな感じです。ゲームから文書作成までこなすのでございます。

08073116

分かりにくいですが、上からファイルマネージャー、そしてワープロと書いてあります。

ちなみにコントローラーは電話の受話器にもなります。

さらには、肘掛に電源が取れるコンセントもあるんです。

文書作って、電話してともう空飛ぶオフィスですよ。

08073107

大きな画面で見やすいのでございます。

画面下にある3つのボタンは、左から画面の明るさ調整、画面ON/OFFスイッチ、そして一番右はライトスイッチです。

08073115

こんな感じに手元を照らしてくれます。

↓今回の機内食。

08073109

うなぎですよっ!

これが、なかなか旨いんですよっ!

そしてシンガポール航空の楽しみは、↓これでしょ。

08073108

シンガポールスリングでございます。

お願いすると作ってくださるのです。ウフフ。

いやはや、なんとも本当に至れり尽くせりなのでございます。

私、機内では仕事を忘れ、80本ある映画から、とにかく面白い作品を見まくろうと思ったのですが、ヘトヘトに疲れていたのですっかり眠ってしまいました。トホホ。

前略缶詰ブログ様

前略
缶詰ブログ様
お元気ですか?
大変に遅くなりましたが、バンコクとデンパサールで仕入れてきた缶詰さんたちを送りますです。
お勧めは、赤い缶の三人の女性がトレードマークの缶詰です。
と、タイ人の友人は言っています。

タルタルステーキ

さっそくフィリピンの食でございます。

私食いしん坊なのでございます。

今回友人がタルタルステーキなるものを食べさせてくれました。

タルタルステーキ

私にはどうしても、タルタルソースしか頭に浮かびません。

いったいどんなステーキが出てくるのでしょう。

注文してから、しばらくすると、私達の席の前にテーブルがすえつけられました。

そして、さまざまな道具が並べられました。

お兄さんが私に尋ねます。

味はどうします?

どうやら、目の前でタルタルステーキなるものを作ってくれるようでございます。

味と言われても、初めてなのでどうにも分かりません。

そこで、最高の味にしてくださいとお願いしました。(^^ゞ

0705080

↑さっそく調理に取り掛かるお兄さん。

まずは、味のベースとなる薬味を投入。まぜまぜしております。

0705081

せっせと、混ぜ混ぜ。

0705082

そして、いよいよお肉が投入されました。

お肉と一緒に卵も投入。

さらに混ぜ混ぜ。

で、出来上がりなんですっ!

実はタルタルステーキなるものは、生のひき肉ハンバーグなのでございますっ!

驚きです。

すみません。

あまりに驚いて、出来上がりの写真を撮るのを忘れてしまいました。

味はですね、いや、実に美味しかったのでございます。

ちょっとだけ、辛めに設定されてしまったので、肉本来のうまみがいささか遠のいてしまいましたが、それでも最高です。

生がおっかない人は、一応焼いてくれるそうですが、焼くとただのハンバーグになってしまいます。

ここはやはり、生でせう。

写真を撮り忘れたお詫びに、一緒に食べたオイスターでございます。

0705083

いやぁ、美味しかったぁ。

フィリピンも周りを海で囲まれているので、海の幸は最高です。

今回バンコクではかきを食べることが出来なかったので、嬉しさ倍増でございました!

タイ料理

ひたすらタイ料理を食べる私でございます。

以前は、辛いものはほとんど食べられなかったのですが、今では「あ~、辛い。う~、ツライ。」と言いながらも美味しくいただくことができるようになりました。

よかった。

で、辛いのを食べるのでございます。

↓まずは定番、トムヤムクン。

0705040

タイ人と一緒に食べると、辛さも容赦ないので、久しぶりに食べると辛さのあまり、何故かシャックリが出ます。

↓パット・パックブーン。

0705041

空芯菜炒めでございます。

これは、もう何もいえません。ただ炒めてあるだけですが、最高に美味しいのでございます。

ご飯、何杯でもいけます!

0705042

↑今回のメインディッシュ。

お魚です。ホイル焼きしてくれました。

このお魚の右上に写っているのは、ピータンと野菜を和えたサラダ調のものでした。

濃厚なピータンとフレッシュな野菜の取り合わせは最高だったのですが、フレッシュな野菜の間に、フレッシュな唐辛子がふんだんに混ぜられていて、もう堪らなく辛い料理でございました。

唐辛子をよけて食べれば、問題ないのでしょうが、やはりここはタイなのです。

辛い料理も食べるのだ。

と意固地になって食べておりました。

すると、辛さの向こうから美味しさがゆっくりと訪れるのでございます。

とにかく、旨いのでございます。

より以前の記事一覧

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索



  • チャイディーな世界
    Web

  • www.flickr.com
    chai-dii's items Go to chai-dii's photostream

チャイディーな世界

無料ブログはココログ