最近のトラックバック

« あなごめし(BlogPet) | トップページ | WE LOVE OUR KING »

鴨農法

今日は友人と会うために那須塩原まで行ってきました。

東北新幹線ですよっ!

Maxですよっ!

0606101

この面構え、かなり迫力があるというか、せりあがった肩に威圧感があります。(^^ゞ

全部の車両が2階建てでした。

2階建てなので、車内販売のワゴンはどうやって移動するのかと思っていたら、ワゴン専用のエレベーターが車両の両サイドについているんですね。

時代は変わるものだ。

そういえば、食堂車というものは世の中から全面的に姿を消したのでしょうか。

寂しい。

時代は変わるものです。

で、本題です。

友人は、仕事で農業を教えているのですが、彼が最近始めた鴨農法を見せてもらいました。

農薬を使わずに、鴨に虫を取ってもらう農法なんですね。

0606102

鴨さんの出動風景です。

まだまだ子どもで可愛いです。

0606103

みんないっせいに水の中にもぐって何やら食べております。

鴨は、稲を虫から守ってくれますが、田んぼに自然に生えてくるヒエまでは食べてくれないそうなので、それは人間がとらなければならないのだそうです。

そして、可愛い鴨は、犬、いたち、狸、鷹から狙われているのだそうです。

よって、鴨を守るために、田んぼの周りには電気の通った柵が張り巡らされておりました。

鴨は1年経てば大きくなるので、卵を産んでもらう鴨を残して食べてしまうんだそうです。

う~ん、無駄がないというか、なんというか。(^^ゞ

しかし、鴨はイマイチ油が多く癖もあって、味は今一歩だそうです。

じゃあ、ダックがいいんではないか

と、提案したのですが、ダックは病気に弱くすぐに数が減ってしまうんだそうです。

可愛い鴨を食べてしまうのは、抵抗があるんじゃないの?

と、思いましたが、1年後は大人になって可愛くないので問題ないんですと。(^^ゞ

まぁ、気を取り直して、鴨さんががんばっている姿をお楽しみください。

ただいま仕事中←動画です。

« あなごめし(BlogPet) | トップページ | WE LOVE OUR KING »

「日本」カテゴリの記事

コメント

えぇ~ん、こんなに可愛いのに食べちゃうんですか?
何だかザザ残酷ですねぇ。。。(T_T)

理季さん
大人になると可愛くなくなるそうなので、平気らしいです。
実は私、彼のところで鶏をさばいたことがあります。
あぁ、人間ってなんて残酷なんだと思いました。
が、今でも鶏を美味しくいただいております。
鶏さんごめんなさい。(^^ゞ

>1年後は大人になって可愛くないので問題ないんですと。(^^ゞ
妙に安心したりして。

ハヤトさん
合鴨料理食べたくなりました?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36288/10469618

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨農法:

« あなごめし(BlogPet) | トップページ | WE LOVE OUR KING »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索



  • チャイディーな世界
    Web

  • www.flickr.com
    chai-dii's items Go to chai-dii's photostream

チャイディーな世界

無料ブログはココログ