最近のトラックバック

« タ・プローム その2 | トップページ | 行ってきます。 »

フルーツシェーク

今回のカンボジアで初めて出会ったもののひとつにフルーツシェークがあります。
今まで気づきませんでした。

この晩餐の時に飲んでみました。
なんたってちょっとお腹の調子がよくなかったものですから、フルーツシェークというのを飲めば元気になると思ったのでございます。

お店の特徴は↓こんな感じです。 0503130

こんな感じにミックスされる果物を並べているんですな。
ジャックフルーツあり、バナナあり、ココナッツにパイナップル、そして右上にはドリアンもあります。
で、玉子も入るようでございます。

旅の指さし会話帳〈19〉カンボジア
福富 友子

情報センター出版局 2001-08
売り上げランキング : 54,890

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑この本によると、タック クロロックと呼ぶそうでございます。

その時は、タック クロロックがタガログに聞こえまして、一緒にいたフィリピン人に「これはタガログというそうだ。」と伝えてしまいましたが、どうやら違ったようです。すんません。
フィリピン人にタガログといえば喜ぶと思ったんですな。すんません。

オーダーして待つこと数分、こんな感じに出来上がります。


0503131

ちょっと露出オーバー気味です。すんません。

お味はですね。
ドリアンの味が前面に出ていて、ほとんどドリアンシェークといった感じでした。

で、私ドリアンの味がしたのでちょっとだけ不安になりました。
以前ドリアンを食べた時、具合の悪いときにドリアンを食べるとよくないということを聞いたのでした。

でも、一緒に虫もカエルも食ってるし、もうどうでもいいやぁという気持ちでした。
ホントのところ。

サトウキビを搾って飲むサトウキビジュースも美味しいですが、このフルーツシェーク、タック クロロックもなかなか美味しゅうございました。

お値段は、すべて合算で支払ったのでわかりませんでした。すんません。


で、余談ですが、このときフィリピン人との会話でパイナップルの話題になりました。
パイナップルはカンボジア語で、マノアハというそうです。
タイ語だと、サパロットでございます。
タガログ語だと、ピニャなのだそうです。

で、彼らは私に「ところで日本語ではどういうのよ?」
と聞いてきたので、
「パイナップルだよ。」と答えました。
すると彼らに、「そりゃ英語だよ。」と言われてしまいました。

あぁ日本には「パイナップル」という日本語がないんだなぁと実感したのでございます。

« タ・プローム その2 | トップページ | 行ってきます。 »

「アジア」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

フルーツきれいですねぇ。
さすが南国。
イタリアでは生卵のほうが恐怖をそそるので
このような状況で
卵が入ってくると誰も注文しないかも。
なので、フィレンツェでは
フルーツミルクシェークになってしまいます。

そう言えばパイナップルは到来物♪
昔の人だとパインかな。

albero4さん
なるほど。イタリアは卵がヤバイいんですね。
卵のことまではぜんぜん思いが及ばなかったです。確かに卵にあたるのが一番怖い気がします。

ハヤトさん
あぁ、パインって言いますよね。それは日本語なんでしょうか。やはり外国語かしらん。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36288/3290156

この記事へのトラックバック一覧です: フルーツシェーク:

« タ・プローム その2 | トップページ | 行ってきます。 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索



  • チャイディーな世界
    Web

  • www.flickr.com
    chai-dii's items Go to chai-dii's photostream

チャイディーな世界

無料ブログはココログ