最近のトラックバック

« ニュピ | トップページ | タ・プローム その2 »

アンコールワットの朝日と夕陽

篠田耕一のWebsiteさんの朝日と夕陽とくらぶアミーゴblogさんの朝日と夕陽にトラックバックです。

私も今回のカンボジアで朝日と夕陽を見てまいりました。
アンコールワットで見る朝日と夕陽は、まるで正反対に位置しているので(当たり前ですが)区別は容易であります。

でもこの話は、朝日と夕陽の見分けかたというより、アンコールワットの朝日と夕陽の紹介になっちゃってます。すんません。

それではまずは、夕陽からでございます。

0503120

あれ? お日様は?

なんだか、露出がよくないのか、お日様は見えません。
でも、一応池に映っております。(^^ゞ

これは、アンコールワットの一番高いところに登っての撮影でございます。
欧米人やら、アジア諸国の人達やらがわんさか群がって見ておりました。

そして、朝日でございます。

0503121

ものすごく早い時間から、この瞬間を待ち構えておりました。

0503122 朝の5時過ぎの画

朝の5時に宿を出て、日の出を待っていたのでございます。
かなり眠かったです。

でも、周りには結構日の出を待つ人々でにぎわっておりました。
そして、その人々の大半は日本人なんですね。

どうやら、日本人は日の出好きなんです。
人づてに聞いたガイドさんの話だと、日の出に案内する観光客のほとんどは日本人なんだそうです。

私が座っている周りから聞こえる言葉はほとんど日本語。
ようく考えてみると、日本人は昔から、ご来光や初日の出などなど、太陽を崇拝しているんですな。

というわけで、やはり日本人が多いんです。なかには欧米の方々もいらっしゃいましたが、わずかでした。

またまた人づてに聞いた話だと、ちょうどアンコールワットの参道の真ん中に立って、さらにアンコールワットのちょうど真ん中の一番高い塔の真上から日の出が上がるのは、春分の日と秋分の日なのだそうです。
う~ん見てみたい。

こうやって、日の出を見てからアンコール遺跡群を見学すると一日が有効に使えるのですが、相当に疲れます。
この日もへとへとでございました。

« ニュピ | トップページ | タ・プローム その2 »

「アジア」カテゴリの記事

「旅」カテゴリの記事

コメント

ステキなトラックバックありがとうございます。
僕は、生粋の日本人。アンコールワットの日をありがたく拝ませていただきました。

春分と秋分の日に真ん中の塔から日が昇るっていうのは感激です。
昔の人ってすごいですよね。
夏至や冬至ならまだ分かると思うのですが、昼と夜の長さが同じになるお彼岸を知っていたって事ですよね。

こんなステキな光景を作り出すなんてアンコールワットを築いた人たちはアーティストだなぁ。

ってまてよ?
朝日がこうなるって事は、アンコールワットの正面は真西を向いてるの?
なんか意外だなぁ。

はじめまして
年末にカンボジアに言って、毎日朝日と夕陽を見てきました。
確かに欧米人と日本人だと、朝日や夕陽の見方が違うような気がします。

はじめまして
年末にカンボジアに言って、毎日朝日と夕陽を見てきました。
確かに欧米人と日本人だと、朝日や夕陽の見方が違うような気がします。

すみません。
二つ入ってしまいました。

篠田耕一さん
こんなトラックバックですみません。
ところでアンコールワットは真西に向いているんですよね。そういえば。
昔の人はよくきちんと方位を把握したものです。
感心します。

aonumaさん
コメントありがとうございます。
aonumaさんのブログも読ませていただきました。
カンボジアの思い出がよみがえります。
aonumaさんは夕陽の方がお好きなのでしょうか。
私もプノンパケンから夕陽を見たことがあります。なかなか雄大でした。

すごいです。パチパチ(^^)
えらいです。パチパチ(^^)
ちゃんと早起きするなんて、ココロガマエがいいですね。
ところで、日の出を見に行くのが殆ど我々日本人という事実、とても興味深いなあ。そして、見ればちゃんと感動出来るもんね。わはは♪
クリック拡大して、美しさに声が出ましたぞ。篠田さんの言うとおり、素敵なトラバありがとうっ。

ハヤトさん
ありがとうございます。
実はすでに一度見たことがあったので、願わくば寝ていたいと思ったのですが、同行したフィリピン人が見てもよいと言ったので、一緒に行くことになりました。
フィリピン人も日の出が好きなのかしらん。

素晴らしいですね!
確かに何処か、団体旅行で行っても「朝陽の上るとこが見れますよ~」というOPが結構ありますよね?
ううむ、そういえば早い時間に欧米人はあまり見かけないかな?(わたしも欧米人並み~)
でも、こんな日の出を見るためなら…dii-chaiさんの労苦も十分報われてますね~!

おろちさん
花粉の具合はいかがでしょうか。
やはり、朝日を見るためには早起きをしないといけません。でも早起きは三文の徳とも言いますし、早起きする朝日も見られるしいいことがあるのかもしれませんね。
朝日好きな日本人はだから勤勉と言われるのかしらん。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36288/3273866

この記事へのトラックバック一覧です: アンコールワットの朝日と夕陽:

» 朝日と夕陽 [くらぶアミーゴblog ]
ってどこが違うのかなあ? 長年の疑問です。 実際にその場にいれば、雰囲気の違いは [続きを読む]

» お彼岸 [篠田耕一のWebsite]
昨日は曇りでこの写真撮れなかったんです。 今日撮影した、真東(よりちょっと南)... [続きを読む]

« ニュピ | トップページ | タ・プローム その2 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索



  • チャイディーな世界
    Web

  • www.flickr.com
    chai-dii's items Go to chai-dii's photostream

チャイディーな世界

無料ブログはココログ