最近のトラックバック

« Amazonのマーケットプレイスで本を買う(こうさぎ) | トップページ | ケチャック・ダンス(こうさぎ) »

披露宴

昨日は久しぶりに披露宴に招かれました。

そして、昨日の披露宴はとっても楽しかったのであります。

私は新婦の友人で新郎は今回初めてお目にかかりました。
新郎は某放送局に勤務されている方でございました。

私基本的に披露宴に出席させていただくのは好きな方でございます。
でも、披露宴というのは、最初は秩序を持って進められますが、そのうちお酒が入ってきちゃって、おじ様たちがビールを片手に自由に歩き始めたりしていくうちに、だんだんと座が崩れ始めてですね、出し物もカラオケだったり詩吟だったり・・・

まぁ、そのぉ、一体なんのための宴なのか目的を見失ってしまうというか・・・・。

そんな宴だと、ちょっと憂鬱なんて思っておりました。

でも、昨日の披露宴は一味、いえいえ全然違うものだったのでございます。

まず、新郎が放送業界の方なので、司会はなんと現役アナウンサーでございました。
でも、残念ながら存じ上げないアナウンサーでした。すみません。

しっかし、いいですねぇ、プロのアナウンサーは。

「えー」だの「あー」だの、一切言いません。
しかも歯切れがとってもよいのであります。
司会が良いと、式もとっても気持ちの良いものになるんですねぇ。
Mike*mic.さんも時々披露宴などの司会をされているようですが、司会のお仕事というのはとっても重要なのだと実感したのでございます。

そして、さらに私は感動するのであります。

披露宴にはよくお二人の馴れ初めを紹介するビデオなんてものが流れ、なんといいますか、そのぉ、おざなりというか、写真だけを次々に写しているだけというか、そのぉ・・・・(以下省略)

で、今回も流れたのでございます。
しっかし、内容が違います。
だって、放送のプロが作っているんですもの。
面白かったんです。ものすごく。ちゃんとロケして、友人にインタビューまでして、これなら記念になりますよ。
新郎新婦それぞれの生い立ちから、二人の出会い、そしてこの日を迎えるまでの日々が短い間に、ものの見事に表現されていたんです。
ちゃんと冬のソナタもパロったりしていて工夫もされているんです。

そしてですね、私の感動はさらに深まるのでございます。
新郎、新婦の出会いは大学のオーケストラサークルだったんです。

ですので、友人も皆さん一芸もってらっしゃいまして、出し物は退屈しないんです。
プロのピアノ演奏あり、声楽家の独唱あり、宴の最後では新郎新婦そしてその友人達による、バイオリンの三重奏だったんです。

なんだか宴が始まった瞬間からそこは

ディナーショー

にいるような感じだったんでございます。(行ったことないけど)


でも、こんな楽しくあったかい披露宴はお金かけたって出来ましぇん。
もちろん、お金出せば生バンドだって呼べるでしょう。
でもね、心が違うんだと思うんですよ。ココロがっ。と思うんですよ、ワタクシとしては。

新郎新婦の友人達が心を寄せ合い、二人を祝福してですね、始めて醸しだされたそんな披露宴だったんでございますよ。
で、もとをたどれば、それは新郎新婦二人の人柄が創りだしたものなんだなぁ
とつくづく思うのでございます。

約3時間の披露宴があっという間にお開きでございました。

それはそれは、ワタクシにとっても幸せなひとときだったのでございます。
二人の将来に幸あれ!



0501080
高砂にあったロウソクでございます。


で、この記事を書きながらワタクシ、自分の時のことを思い出しました。
私の時は披露宴ではなく友人を呼べるだけ呼んだ立食パーティーでございました。

一番の思い出は・・・・、
ピアノを習い始めたばかりの兄に無理言ってピアノを弾いてもらったんでございます。
めちゃくちゃ、ヘタクソでございました。でも、あれもあれでなかなか味があって、ワタクシちょっと感動したのでございます。

« Amazonのマーケットプレイスで本を買う(こうさぎ) | トップページ | ケチャック・ダンス(こうさぎ) »

「レポート」カテゴリの記事

「日本」カテゴリの記事

コメント

よい結婚披露宴に出られたのですね!
参列者の方々がよい気分になれる披露宴なんて、お金を掛けたって仲々出来ないですもの。
お二人も良いご夫婦となって行くでしょう!
私とは関係ないけど、「お幸せに~!」メデタイ。

>行ったことないけど
くくくっ♪ でも書いてあるとおり、心のこもりかたが違うよね。良かったですね。

おろちさん
コメントがすっかり遅くなってしまいました。すみません。
もう一週間前ですが、今思い出してもホントにいい宴でしたよ。

ハヤトさん
一度ディナーショーなるものを見てみたいでつ。

わっ、こちらにお邪魔したら私のことも書いて頂いて恐縮です。

プロの司会は、やはり声がよく出るのでそれだけで上手く聞こえますが、やはりいい司会ができるときは、新郎新婦ご本人たちの人柄あってのことでしょうね。
dii-chaiさんのお友達はとてもいい方なんでしょうね。
正直、テンションがあがらなくて困る時もありますからね。
私は3月から和風ブライダルの司会をすることになってます。今逆に新しい感じがしていいですよ(^^)

Mike*mic.さん
いやぁ、司会のお仕事は偉大な仕事だと本当に思いました。どんな事態にも臨機応変に対応し、次のことも考えながら、今のこともちゃんと見ている、すごく神経の使う仕事ですよね。
和風ブライダルの司会はどんな風になるのでしょうか? 楽しみですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36288/2514384

この記事へのトラックバック一覧です: 披露宴:

« Amazonのマーケットプレイスで本を買う(こうさぎ) | トップページ | ケチャック・ダンス(こうさぎ) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索



  • チャイディーな世界
    Web

  • www.flickr.com
    chai-dii's items Go to chai-dii's photostream

チャイディーな世界

無料ブログはココログ