最近のトラックバック

« フィリピンの旨いもの | トップページ | タイのつまみ »

タイの旨いもの

さてフィリピンに続き、タイでございます。
昨日はちょっとゲテモノ風で失礼したので、今日は見た目もおいしそうなものからご紹介です。

タイ人はどうやらシーフードが大好きなようで、どこへ行っても食べることができます。
山間部に行けばちょっと無理ですが、それでも川魚や川エビなどにありつけます。

今日は、まずカニのカレー炒めです。

puu プー・パッ・ポン・カリー

カニのカレー炒めが旨いと以前から聞いていましたが、今回初めて食べることが出来ました。

旨いっす。

カニは姿炒めかと思いきや、ちゃんとバラバラにされていて食べ易く肉もしっかりついていてかなりおいしいです。
はさみの部分はかなり旨いです。

そして、なんといっても生牡蠣でございます。

hoi0 薬味を乗せた図

牡蠣が旨いんです。
でも初めて食べた時は正直かなり勇気がいりました。
だって日本で食べたって、時にはあたってしまうこともあるのに、ましてや異国の地で食べてあたってしまったらどうしようと、不安が頭をよぎります。

しかし、食べないわけにはいきません。
だって旨いんだもん。

大きさも半端ではございません。

hoi1 殻はたばことほぼ同サイズ

食べ応えがあります。
殻から貝柱をスプーンでおもむろにはずし、次に薬味を乗せます。
薬味は、唐辛子ソース、生にんにくのスライスと炒めたにんにくなどでございます。
それをエイヤッと口に放り込みます。

すると、ジワーッと牡蠣のうまみが口の中に広がります。

旨いんです。

怖いけど、旨いんです。

生牡蠣を食べる基本は、お客さんがたくさん入っている海鮮料理屋さんに行くのがポイントです。
お客さんがたくさん入っていれば、食材の回転も早く新鮮なものが入っているんだそうです。
そして思う存分海鮮料理を味わってください。

このときは、3人で食べに行き、さらに魚料理を一皿と空芯菜炒め、ごはんとそしてビールを4本ほど飲みました。
それで、費用は約2700円でございます。

pura なんだか分からず注文した魚の煮付け

安くて新鮮で、そして旨い。
堪りません。

« フィリピンの旨いもの | トップページ | タイのつまみ »

「アジア」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「タイ」カテゴリの記事

コメント

あっしも生牡蠣は薬味乗せるの好きっす。ケチャップとかもいいよね。米国スタイルかな?
カリーも惹かれるなあ〜。 

ハヤトさん
生牡蠣、日本では高くて手が出ませんが、あちらは安くて美味しくて最高です。薬味を乗せて食べるのはさらに旨いですよね。

こんばんわ。来て見て...牡蠣はいいんですけどね?↑の記事(画像よ~)はねぇ...見たく無かったでする!プンプン"""私の一番此の世で恐いものはね~飛ぶ虫、跳び付く虫!!次回からはモザイク貼ってね!?

コホン、牡蠣~はね、生は特に大好きでする!珍味&美味の見本ね!
幸い未だ”当った~”事が無い(さほど食する機会には恵まれていないもので~)のですが、レモン汁と小ネギのみじん切りか生姜がね、最高よん。。。
お写真見ながら~夜中だというのに、生唾が垂れてきただ---困った。

おろちさん
す、すみません。虫の件はお許しください。
牡蠣旨いですよね。小さい頃は見た目がダメで、食べられませんでしたが、今は好物です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36288/2315214

この記事へのトラックバック一覧です: タイの旨いもの:

» トムヤムクン完成! [coco color ]
ようやく夢叶い(大袈裟・・) トムヤムクンが完成! ナンプラーなどを買い揃えるのはまだ気が引けるので 材料セットを探し続けたわけですが いつもの輸入食品専門店で... [続きを読む]

« フィリピンの旨いもの | トップページ | タイのつまみ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索



  • チャイディーな世界
    Web

  • www.flickr.com
    chai-dii's items Go to chai-dii's photostream

チャイディーな世界

無料ブログはココログ