最近のトラックバック

« 雲海 | トップページ | タイの旨いもの »

フィリピンの旨いもの

旅の楽しみはなんと言っても、「食」ですよね。
ねっ! Mike*mic.さんっ!

というわけで、YUMIKA no 遊ing湯ingさんの鹿児島ひとり旅 旨いもの編にさりげなぁくトラックバックです。

でも、最初にお詫びします。
ごめんなさい。YUMIKAさんの方は本当に見た目もおいしそうなんですが、私の方は見た目はかなり怖いです。
すみません。_(_^_)_


さて、本題でございます。
フィリピンに行ったら是非食べていただきたいのが、バロットでございます。

barot0

こんな感じで屋台で売られています。
時には、天秤棒にバケツで吊るされて売り歩いている場合もございます。
見る限りなんの変哲もない玉子ですが、これはアヒルさんの玉子でございます。

そしてゆでてあります。
でも、普通のゆでたまごとちょっと違うのが、孵化しかかっているんです。半分ひよこなんです。

barot1

こうして、玉子のてっぺんをコツコツたたいてちょっと割ります。
この段階で中のスープをいただきます。
アツアツのところをいただきましょう。

こんな風に簡単に書いていますが、食べるのにはかなぁ~り勇気がいります。
食べなくて済まされるなら、食べないほうがいいかもしれません。
中は見ないほうが絶対いいです。もしくは暗闇で食べることをお勧めします。

しかし、スープを一口飲んだ瞬間。

旨い。旨すぎる。

と実感すること請け合い。

世界が変わるんです。
スープを口にした瞬間、ただのゆでたまごではないことを知るのです。

後は何も考えずにひたすら殻を取り、ほおばりましょう。

barot2 (クリックすると大きくなりますが、お勧めしません。)

味はですね、ゆでたまごの黄身の味がさらに濃厚になった感じです。
孵化の具合によっては、もう少し鶏肉の味が出てきます。
白いところは白身の部分で、硬くなって食べることができません。

かなり怖いですが、旨いんです。
フィリピン人の大好物でございます。
これを食べればあなたもフィリピン人の仲間入りでございます。

もちろんフィリピンにも普通の料理もございます。
今回は、ちょっとリッチ?に鶏肉料理チェーン店のMax'sにも行きました。
実ははじめて入ったのですが、ケ○タッキーフライドチキンにさらにメニューをくわえ、ファミリーレストラン化したようなお店でした。

おばかな私たちは、このチェーン店のイメージキャラクターになっている、俳優兼歌手(名前失念)のパネルの前で記念撮影などもしてまいりました。

barot3 友人のジョエル

最後に一言
YUMIKAさん、こんなトラックバックで申し訳なかったです。

« 雲海 | トップページ | タイの旨いもの »

「アジア」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

トラバありがとうございます。
う~こっ、こわい食べ物ですね。
ふ化しかかってる半分ひよこの写真はふるえがきましたよ。
でも、旅のひとつの楽しみはやっぱりその土地ならではのものを食べることですもんね。
きっとフィリピンに行くことがあれば私もチャレンジしてみることでしょう(^^)
こんなトラバはとくに歓迎ですよ。

クリック拡大出来ることが分かりますたが、恐くてしませんでした。そうしたらちゃんと注意書きがあったので安心しました。らんらん♪

Mike*mic.さん
こんなトラバですみません。(^^ゞ
バロットかなり怖かったですが、旨いんですよ。特にスープが、ぜひトライしてみてくださいね!
目をつぶって。

ハヤトさん
そんなこと言わずに、是非本物見てくださいよ。
そして食べてみてくださいね。
缶詰はまずないと思いますが、あったら送りますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36288/2305746

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピンの旨いもの:

« 雲海 | トップページ | タイの旨いもの »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索



  • チャイディーな世界
    Web

  • www.flickr.com
    chai-dii's items Go to chai-dii's photostream

チャイディーな世界

無料ブログはココログ