最近のトラックバック

« バリの魅力 | トップページ | タイの旨いもの(こうさぎ) »

ケチャック・ダンス

さぁ、昨日に引き続きバリでございます。

むかーし、私の幼馴染がバリに行きました。
そして、帰国後私に言いました。

ケチャック・ダンスを見たよ

ケ、ケチャック・ダンスって・・・・。
あの「ケチャ、ケチャ」いうやつ?

それ以来、私は一度でいいからケチャック・ダンスが見たくてしようがなくなってしまいました。

で、行ってきました。

ケチャック・ダンスを含むいくつかのダンスは、毎日どこかしらで開かれているようです。
しかも、夜。

だいだい7時30分くらいから繰り広げられているようでございます。
ホテルの案内で会場まで送ってもらいました。

会場近くには、たくさんのバイク(ホンダ・カブみたいなやつ)が止まっていました。
レンタ・バイクで見に来ている人がいるんだろうか?

会場に入る前に料金を支払います。
確か15,000ルピーでございました。

話が横道にそれますが、インドネシアの通貨ルピーにはかなり金銭感覚を狂わされます。
だって、100米ドル換金して、約900,000ルピー手に入るんです。財布はパンパンですよ。
一体1ルピーいくらなんだ?

タイからバリに入った私には、さっぱり分からなくなりました。
今冷静に考えてみると、入場料は・・・・

えっ? 180円? (1米ドル=110円換算)

安いですよぉ。お徳ですよぉ。

話を戻して、会場内です。
会場内はちょっとした広場にプラスチックのイスがコの字型に並べてありました。
まだ、会場内には人がそれほど入っていなかったのですが、正面と思われる場所はすでに幾人かの人が座っていたので、私はサイドの方に腰掛けました。

会場の真ん中には、木が置いてありました。
会場から離れたところには、地元のお兄さん達がたむろしておりました。

日も暮れ始めた7時30分過ぎに、一人のお兄さんが会場に入ってきて、真ん中の木のところに近づき、木の枝の上においてあったロウソクのようなものに火をつけ始めました。

いよいよスタートの気配でございます。

kecha0


ダンサー?達の入場です。

お寺のような場所から階段を次から次へと上半身裸の人たちが降りてまいります。
あれよあれよという間に会場には上半身裸のお兄さん達でいっぱいになりました。

むむっ。すごい数です。その数、ざっと120人くらいはいます。
迫力ありますよぉ。

kecha1 どんどん入ってまいります。
kecha2

会場内に入ってきたお兄さん達は、真ん中の木を中心に丸くなって座りました。

そして、お清めでございます。

kecha3 ただいまお清め中

お清めが終わると、いよいよダンス開始でございます。

誰かが、ボン、ボン、ボンというリズムを刻みます。
すると、周りのお兄さん達が、口々に

ケチャ、ケチャ、ケチャ

と始めるのでございます。

すごいですよぉ。
魂が揺さぶられますよぉ。

ダンスが、進行してくると、アプサラダンスのような女性が出てまいります。
この踊り、まさにアプサラダンスですよ。
源流はきっと同じなんでしょう。ヒンドゥーですよきっと。

kecha4 アプサラダンスのようなお姉さん達の舞。

ちゃんとストーリーがあるんでしょうが、私にはちょっと分かりませんでした。
でも、いろいろな登場人物が出てまいります。

kecha6 こんなのも出てきます。

約1時間ちょっとの演目です。
座っているお兄さん達は、時には立ち上がり、時には横たわり、体全体でリズムを刻み、ケチャの音色を出し続けます。
相当な労働力だと思うのです。

それでは、ケチャック・ダンスの動画です。
かなり重いファイルなのでお気をつけください。画像は暗くてよく分かりませんが、ケチャの声は聞こえます。

このケチャケチャの声は、近所のワンちゃんの魂までも揺さぶるようで、ダンスが高まってくると、近所のワンちゃんも吠えておりました。

ケチャック・ダンス


いかがでしたか?

このダンスが終わると会場が一気に片付けられ、会場の真ん中の木がよけられます。
そして、木のあった場所に椰子の実をたくさん積み上げ、それに火を放ちます。

第2部の始まりなんですね。
この、第2部、馬を模したようなものを持った一人のお兄さんが、会場を走り回り火のついた椰子の実の山をなんとはだしで駆け抜けるというものでした。

精神統一された技なんでしょう。

見ていたお客さんは皆さん、蹴散らされた椰子の火の粉が自分に降りかかりそうで、ビクビクしながらも、感嘆しておりました。
もちろん、私も。


#会場近くに停めてあったバイクは、踊りのお兄さん達の足だったようです。

« バリの魅力 | トップページ | タイの旨いもの(こうさぎ) »

「アジア」カテゴリの記事

「旅」カテゴリの記事

コメント

も~う、年末のこの忙しい時にお主は~~~!!
ケチャック・ダンス~の話なんて~しないでよ~
あれは~バリでの悪夢だった!(私にはね~)
あの世界は、暗い広いとこで、異様な腰巻男達が、<あっちの世界>の中でリズムに合わせて身体を動かせている様は…異様だった!
単調なリズムが繰り返され続け、男達が同じリズムを取り、波を運ぶ…恐かったよ~!!
…今年はもう、来ません。よいお年を!
来年もヨロシク!!dii-chaiさん~来年は綺麗なもんを紹介してね~。。。

おろちさん
明けましておめでとうございます。
あぁ、ケチャックダンスにもあまり良い思いでがないんですね。
うぅむ、では今年はきれいなもので行きましょう。
本年もよろしくお願いしますね。
楽しんでいただければ光栄です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36288/2419687

この記事へのトラックバック一覧です: ケチャック・ダンス:

« バリの魅力 | トップページ | タイの旨いもの(こうさぎ) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索



  • チャイディーな世界
    Web

  • www.flickr.com
    chai-dii's items Go to chai-dii's photostream

チャイディーな世界

無料ブログはココログ